2014年12月6日土曜日

有吉ジャポン 芸人の街・浅草 切なくも愛おしい浅草芸人の生きざま 感想


『有吉ジャポン』
(情報番組 バラエティ番組)

 TBS系列
 金曜 00:20~00:50 放送
 (一部地域除く)

 2014年08月16日放送
「第72回
 浅草芸人たちの生き様に密着!」

 有吉弘行の本日のお詫び
「はたのぼる師匠の声が小さい」

【出演】

【司会】
 有吉弘行
 田中みな実
 (TBSアナウンサー)

【レギュラー】
 太田光代、西川史子
 鈴木正文

【ナレーター】
 広中雅志、太田真一郎
 山崎和佳奈

【ゲスト】
 東京ダイナマイト


――年間約3千万人の観光客が訪れる浅草。そこで見つけた大行列。その先にいたのは

漫才師、春風こうた・ふくた。ビックボーイズのメンバー・お笑いコンビの、なべ

かずお 「アイーン」。漫才コンビ、青空球児 「ゲロゲ~ロ」。漫才コンビ、昭和

こいる。浅草芸人。明治時代、浅草6区を中心に、演劇場が集中。以来、数多くの

芸人やコメディアンを輩出してきた浅草はいまも実に、300人以上が生計をたてる

芸人の街なのだ。
そこには!

ナイツ
「わざわざ浅草までという方ね」

「聞いてみましょうか?
 ウクライナから来た人?(笑)」

――テレビでよくみる人気芸人の一方で、ほとんど見た事のない芸人。そんな彼らは

どうやって
生計を立てているのか?!

その生活ぶりに密着してみると…

「今日は飲みにいきましょう!
 アハハハ!」

――飲む、打つ、買う
を地でいくヒモ芸人。

「もう 65歳になりますから
 この辺が(笑)」

――芸歴 35年。

ブレイクを夢みるタクシー運転手など、切なくも愛おしい浅草芸人の生き様があった。

――朝9時。

老舗演芸場・東洋館のシャッターが開いた。ここは、伝説のストリップ劇場。元

フランス座があった場所である。ビートたけしさんがエレベーターボーイをしながら

ストリップの合間に
コントをしていた所でも有名。


【感想】
劇場といえば宝塚。9月に東京に行ったのですが、宝塚に行くかどうか、かなり悩み

ました。美術館メッカの東京で宝塚に時間を割くのか、本当に悩みましたが…結局

美術館を優先。う~ん良かったのか? 安いビジネスホテルといえば、浅草。昨年

東京旅行の時に浅草でホテルを取ったら、総武線と山手線の乗りかえで非効率的だと

家族に不評。かなりブーブー言われてしまいました(笑) 浅草観音寺は1度だけ

行きました。まだまだ東京はすべて網羅していません。子どもができたらディズニー

ランドに連れて行ってやるのが近年の目標。夢に生きるリスクは、かなり大きい

ようです。しかし、サラリーマンが安定しているとは言い難いものがある。会社の

業績が悪化すればリストラの嵐をここ 20年程、どこかの企業が毎年やっています。

収入を 100パーセント会社に
依存するリスクは大きい様です。

サラリーマンも
夢に生きる芸人も…

すべての人にエール!

東間 陽一 Yoichi Azuma


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。