2014年12月5日金曜日

夢の扉+ 日本人初の民間ジェット機 本田宗一郎の夢実現! 感想

『夢の扉+』
 ドキュメンタリー番組

日曜 18:30~19:00 放送
(TBS系列 NTTドコモ企画)

【出演】
中井貴一、坂口憲二
向井理(ナレーション)

小田和正 「やさしい雨」
(オープニング)

2014年8月3日放送
向井理(ナレーター)

独占取材! 日本人による初の
民間ジェット機テイクオフ!

“飛行機の歴史が変わる”
~「いつか空へ」
本田宗一郎の夢実現!

ホンダ・エアクラフト・
カンパニー CEO/藤野道格
(ドリームメーカー)

夢の扉の鍵
「きつい時は次の電信柱まで走れ
 あとは考えるな」


――先日、世界の飛行機愛好家が集う航空ショー(オシュコシュ航空ショー)でひときわ注目を集める、ジェット機があった。

女性
「やっと機体がみられて
 興奮してます」

男性A
「信じられない。最高だよ」

男性B
「革新的なジェットだ」

――それは日本が待ち望んできた、夢の翼。28年前、大きな夢を胸に、アメリカへ乗り込んだサムライ達がいた。

『自分たちの手で
 飛行機をつくりたい』

それは戦後、航空機開発で世界に大きく遅れをとった、日本の悲願。そんな夢を追い続けてきた男。

ホンダ・エアクラフト・カンパニー CEO 藤野道格(53歳)。あのジャンボジェットの設計者も名を連ねる、航空業界の栄誉ある賞を日本人で初めて受賞。

2012年、米国航空宇宙学会
エアクラフト・デザイン・アワード受賞。

藤野 道格
「今までにない飛行機だから
 つくる価値がある」

その飛行機に込められた、これまでの常識を覆すイノベーションとは。独占取材! 日本人の手で世界が驚く翼を大空へ!!

藤野 道格
「全世界を感動させる
 飛行機をつくる」

――アメリカ・ノースカロライナ州

街を走る車のナンバープレートをよく見ると、「ファースト・イン・フライト」 の文字。実はここ、ライト兄弟が、人類初の有人飛行に成功した地だ。


★技術のホンダがジェット機をつくってビックリしました! これだけの技術があるのに、飛行機をつくっていないのがよく分かりませんでした。

ま~開発にもお金がかかるし。敗戦国で飛行機をつくるよりは車をつくった方が、どこの会社も儲かった筈だから、仕方のない事なのかも知れません。

宮崎駿さんのアニメ好きの僕は飛行機好きですが、知識はありません。ジェット機を持つのは、お金持ちのステイタス。

保有・維持管理するのには
ハンパない金額が必要ですが^^;

隣町のホンダ工場で、人型ロボット
アシモを見た事があります。

サッカーボールを蹴って、見事ゴールを決めていました♪ 心配なのは、最近のホンダは車のリコールを出した事でしょうか。

本業がおざなりになっていないかどうか心配です。ホンダ創業者である故・本田宗一郎氏がいたら檄を飛ばしていたでしょう。

ホンダマン頑張って欲しいです。
東間 陽一 Yoichi Azuma


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。